hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

『進化しすぎた脳』池谷裕二,講談社,2007-01(○)

 「中高生と語る「大脳生理学」の最前線」とあるように,脳科学を分かりやすく講義したもの。「意識」「クオリア」などのキーワードや何故錯覚を起こすかなどから,脳の働きについて解説していきます。

 例えば,人間の視神経は100万ぐらいしかなく,デジカメでいえば100万画素と同じぐらいしか捉える力がないそうです。それにもかかわらず,何故,人間の目は世界をクリアに捉えることができるのか? その荒い画像を視覚連合野で,ぼんやりした曖昧な部分を想像で補正しているということなのです。そんなことがそこかしこに解説されています。―それにしても,神経の数=画素数ってことは,なんて人間って「物」なんでしょうね。