hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 総監督・庵野秀明、2009

 『エヴァ』の第2作目を都心からちょっと離れたシネコンで見てきました。いやー、参りましたね、傑作といってよいのではないでしょうか。アバンから最後の予告まで一瞬も見逃すことができない作画とストーリーでした。

 この映画は、絶対ネタをまったく知らないで見た方がよいです。テレビシリーズそのものが、ネタの前振りのようなもので、それとどう異なるかを期待していったのですが、それはそう、テレビシリーズに沿ったところ、アレンジしたところ、新しく付け加えたところ、そして、テレビシリーズを超えた、というかエスカレートした展開は、情報がないようがよい意味で、唖然とすることができます。「えー、こんなんあり!?」と何度も心の中で叫んでしまいましたよ。そんな快感を堪能できる作品はめったにありません。

 『序』は、私が歳をとったためか、ミサトの視点で物語を追ってしまったので、シンジやレイに対して、しっかりやれよ、心配かけんなよ、みたいな感じでしたが、『破』はミサトの出番が少ないため、またはシンジやレイに焦点があつまっているため、そして新ストーリーなので物語の内容を追うのに集中していたため、『序』のようなことはありませんでしたね。

 以下は、ネタバレありです。

 第1部『序』は、テレビシリーズをトレースした感じでしたが、この第2部『破』では、基本的なラインしか踏襲しておらず、ほとんどオリジナルといったものでした。アバンで、新キャラで新パイロットのメガネっ娘のマリが登場し、意味のわからない台詞を口にしつつ、南極に出現した新使徒に対して、エヴァ5号機を不器用に操縦して、エヴァ5号機を使徒とともに爆発させるところから始まって、訳の分からない迫力から始まります。それにしても、何で5号機なんだ? 

 それから、アスカの登場。なんかちょっと声がテレビシリーズ時と変わっている感じがする。顔も少し大人っぽくなったような。でも、でもそれは、他のキャラにもいえることで。この声の変化は、惣流・アスカ・ラングレーから式波・アスカ・ラングレーと名前が変わったように、製作者の意図通りなんだろうな。アスカについては、サービスシーンが多くてよかった。しかし、そう思っているうちに、「まさか」の展開になるわけですが。

 とにかく、細かいことをいえば、不満もあるのですが、テレビシリーズを見ていた人でしたら、必見の映画といえるでしょう。

http://www.evangelion.co.jp/