hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

 『犬はどこだ』 米澤穂信、東京創元社、2005→2008

 米澤穂信氏の第6作目の作品。調査事務所〈紺屋S&R〉を主要舞台とした作品で、第1作目の予定のこと。

 「私」こと25歳の紺屋長一郎は、仕事のストレスで体調を崩したため、故郷に戻り、犬探し専門の調査事務所を開業した。その準備をしていると、高校時代の後輩の「俺」こと半田半吉が探偵として雇って欲しいとやってきたところから始まる。

早速、持ちかけられた依頼は、いつの間にか仕事を辞めて失踪してしまった孫娘を探して欲しいというものと、子文書の調査であった。本来の調査対象である犬ではないものの、友人に紹介された依頼だったので断ることなく、二人はそれぞれの依頼を担当して調査を始めた。私は聞き込みを開始したところ、失踪した女はこの故郷に戻っていたところを目撃されていたり、古い友人に会っていたのである。それならば、なぜ失踪をしたのか不審に覚えるのだが…。

 いわゆる私立探偵小説である。「私」と「俺」が交互に一人称となって入れ替わるところなど、昔懐かしのディック・ロクティの『眠れる犬』を想起させてくれます(そういえば、「犬」つながりですね)。調査そのものは、複雑なものではないのですが、最後のちょっとしたどんでん返しがあり、やられた感があります。エンディングもスッキリするものではありませんが、主人公のキャラを象徴するものであり、好感をもちました。行動する探偵としてのハードボイルド小説としては、☆☆☆☆です。

犬はどこだ (創元推理文庫)

犬はどこだ (創元推理文庫)