読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

『風に吹かれて』パトリシア・ハイスミス, 小尾芙佐,扶桑社ミステリー,1992

 卓越したサスペンスミステリ作家のパトリシア・ハイスミスの短編集。本書は、以下に示すように、おそらく代表作といえるほどのものは掲載されていないのですが、本書の解説をしている馬場啓一氏が指摘しているように、さまざまなシチュエーションとストーリー展開が凝らされており、読んでいる途中はうなされること請け合いです。短篇リストは以下のとおり。
「頭のなかで小説を書いた男」
「ネットワーク」
「池」
「一生背負っていくもの」
「風に吹かれて」
「またあの夜明けがやってくる」
ウッドロウ・ウィルソンのネクタイ」
「島へ」
「奇妙な自殺」
「ベビー・スプーン」
「割れたガラス」
「木を撃たないで」
 とくに、「ネットワーク」はテイストが藤子・F・不二雄のSF短篇に非常に似ており、この奇妙でありながら、ある一部の年配女性にありがちな心理の偏りは非常にビビッドで面白い。落ちも強烈でもなく、浅くもなく、後味の悪さがきちんと残るようなちょうど良さがあります。本書は☆☆☆☆とお勧めです。

風に吹かれて (扶桑社ミステリー)

風に吹かれて (扶桑社ミステリー)