読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

『続・風の帰る場所―映画監督・宮崎駿はいかに始まり、いかに幕を引いたのか』宮崎駿,ロッキングオン,2013

 雑誌『CUT』に掲載された渋谷陽一氏による宮崎駿氏へのインタビュー集。『崖の上のポニョ』『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』『風立ちぬ』が公開されるたびに行われたもので、毎回膨大な時間をかけたインタビューが残されています。

 このようなインタビュー集を読む度に、例えば、『証言構成『ポパイ』の時代―ある雑誌の奇妙な航海』など、『インタビューとして記録しておくことは大切だなあと感じさせます(そういえば『ポパイの時代』は文庫化されていないのか)。アニメはアニメ雑誌があり、アニメ開始前に広報として監督インタビューなど「場」が確立されているので、書籍はともかく、雑誌やネットなどテキストとして残されているのですが、クリエイティブ部門であるマンガなどは、あまり行われていないのは残念です。そういえば、つい最近『ダ・ヴィンチ』で郄橋留美子さんへ行っていましたね。昔は、『ぱふ』などのマンガ評論誌で作家特集が行われていて、必ずインタビューがあったのが良かったのですが、私が知らないだけで今もそのような場はあるのでしょうか。

 それにしても、インタビューで語られた『風立ちぬ』ともう一つの企画候補だった「ファンタジー」が見たいですね。私は宮崎駿氏をただ一人、活劇アニメを作ることができる人だと思っているので、もう一作だけ活劇を作って欲しいですね。それが先に挙げたファンタジーとは違うものかもしれませんが。