読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

『砕け散るところを見せてあげる』竹宮ゆゆこ、新潮文庫nex、2016――少年が少女を助ける物語

ライトノベル

 竹宮ゆゆこ氏の新潮文庫2作目の作品。書店で見かけて、帯の文句と推薦文に惹かれて購入しました。「小説の新たな煌めきを示す、記念碑的傑作」と編集者に書かせる作品なのか……と。

 あまりじっくり進む内容ではないので、他の書籍を挟みながら、少しずつ読んでいったのですが、そうしたら最後の仕掛けの意味がまったくわかりませんでした。もう一度最初から大ざっぱに読んでいって、このような仕掛けなのかと予想してから、アマゾンのレビューや感想ブログを読むと、やはりそのとおりでしたが、どうして、こんな仕掛けが必要なのかが理解できません。ひょっとしたら、ダブルミーニングではないかと疑いましたが、そうではありませんでしたし。

 他の方の感想では、『砂糖菓子』に似ているという指摘が多かったのですが、私は読んでいる間中、イジメを受けている女の子を助け出す、無軌道な少年という設定が『私たちの田村くん』のリメイクかなと感じていました。まあキャラクターを少々変えているのですが……。

 おそらくですが、作者は『田村くん』との決定的な差別化を図るために、あの仕掛けを企んだのではないでしょうか。やはり全体としてアンバランスな印象をもちます。難しいところです。 

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)