hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

『フリーで働く! と決めたら読む本』中山マコト,日本経済新聞出版社,2012/『フリーで働く前に! 読む本』中山マコト,日本経済新聞出版社,2013――フリーで働くをテーマにした書籍はまだまだニーズがあるのではないか?

 本書を手に取ったのは、漠然とフリーランス編集者になりたいと思っているけれど、フリーになったとしても仕事の依頼が来るという自信がなかったためです。技術・知識的にはニッチなものをもっているのですが、その需要とマーケットは小さいので厳しいのは見えている。

 そのような状態で『フリーで働く! と決めたら読む本』を手に取ったら、奥付に2012年5月発行で8月には8刷と記されています。3カ月で8刷でしたらバカ売れですからね。ニーズがあるということでしょう。

 内容ですが、この作者どこかで聞いたことがあるなあと思っていたら、ずいぶん前に書籍の帯を考える際に参考資料として、『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』を読んだことがありました。まんまと作者の策略に引っ掛かっていたんですねえ。この本はワークブック方式で当時実践しました。書籍の帯にしては変なリードだな、いいんだけどと言われましたね。今はやっぱりオーソドックスな帯がいいなと思って実践していないのですが……。

  でもまあ、本書によって少しはフリーランスになる勇気がでました。第2弾はあまり参考になりませんでしたが。

 類書があるかなあと思って、さんざん探したのですが、教科書・基礎知識系のみしかなくて、意外と書籍ではないんですねえ。まだまだニーズはあると思います。切り口を変えて面白い視点で書籍をつくれば売れるでしょうね。たとえば、事例集で、その事例集でも業種別にする、成功例・失敗例を時系列で示す。またワークブックでこれも業種別、といってもフリーランス・企業者別にする。あとQ&Aでもっと具体的に解説するなどですね。私がフリーになったら、そんな書籍を編集するんだけどなあ。

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本

 

 

フリーで働く前に! 読む本

フリーで働く前に! 読む本

 

 

フリーで働く!  と決めたら読む本

フリーで働く! と決めたら読む本