読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

『三つ目がとおる』に似ているのが嬉しい――『舞面真面とお面の女』野崎まど,メディアワークス文庫,2010,☆☆☆

 『[映]アムリタ』でデビューした野崎まど氏の第2作目の作品。新本格系のミステリで、フェアプレイを重要視してません。工学部の大学院生の男が、祖父が病床で死ぬ直前に記した遺言らしき文言の意味を解いてほしいと、叔父から依頼を受けた。その文言は「箱を解き 意思を解き 面を解け/(改行)よきものが待っている」という訳がわからないものだった。
 前作と比べて、いわゆる正統的なミステリをなぞっていますが、謎が解けてもよくわからず、ちょっとイマイチ。我ながら読みどことを勘違いしているのですが、キャラ付けも馬鹿馬鹿しくテンプレのような感じがします。カタルシスはありません。『アムリタ』にはあったけどなあ。まあファンでしたら、ある程度満足する作品です。☆☆☆というところです。
 でも、ちょっと雰囲気が手塚治虫の『三つ目がとおる』に似ているところが良いですよ。和登さんは出てこないけど、キャラが似ているね。

舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)

舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)

三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)

三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)