読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hoshi-itsu’s 本にまつわるblog

「ほしいつ」です。海外ミステリが中心のブログです。下書きがなくなってしまったのが悲しい……。

『生か、死か』マイケル・ロボサム,越前敏弥訳,ハヤカワ・ポケット・ミステリ,2014,2016 ☆☆☆☆

海外ミステリ ☆☆☆☆

 作者はオーストラリアのベテラン作家で自国ではこれまで賞を受賞し、本作で英国推理作家協会賞ゴールド・ダカー賞、アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長編賞最終候補となったそうです。

 主人公は現金輸送車襲撃事件の犯人として逮捕された男、オーディ・パーマー。彼は10年の刑に服していたが、あと一日で釈放されるところにもかかわらず、脱獄を行った。いったい何故そのようなことをしたのか?

 という謎で最後まで引っ張るクライム・ミステリです。主人公の目的は何なのか、それを追うようよう何者かに命令される友人が追って、さらにFBI捜査官が過去の逮捕された事件を絡めて追っていきます。三者の現在、オーディの過去の話をスピーディにからめて、端的に説明していくので非常に読みやすく、キャラクター造形は、あのエルモア・レナードを彷彿させました。

 ラストシーンがちょっと弱いかなと思いましたが、全体的にみれば、描写と説明のバランスの良さが気持ちよく、☆☆☆☆です。また、あらためて、現代にレナードをよみがえらせることができるのだと、レナードはオンリーワンの良い作家だったんだなとかみ締めました。

生か、死か (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

生か、死か (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)